VEDA

留年中東工大生、報告書をヴェーダに提出

子供が生まれました。

僕は今、立石という町にいます。

自分の住む町とは違い、下町情緒あふれる町です。路地を少し入ると、スナックが立ち並び、昔ながらの居酒屋がたくさんある町です。

どこも準備中だったので、カフェに居所を得て今日記をかいています。

神様に祈りが届いたのか、母子ともに無事で出産を終えることができました。

まだ出血、血栓というリスクは残ってはいるものの、元気なようで安心しています。

これから子供と一緒に、僕も成長していければと思います。自分が幼かった頃を思い出しながら、育てていこうと思い、非常に楽しみな気持ちです。

就職活動は、月曜日に社員の方との顔合わせ、木曜日に最終面接と、着々と次のステップへ進めています。

ついに社長の方との面接ということで、面接のことを考えると心臓が高なってしまいます。

無事、あの会社で働くことができるといいなあ

 

妻が家にいないと、自分の生活が荒んで仕方がないです。いつも助けられているということを、実感しています。

昨日なんて、夜な夜な研究室で実験をして、その後4時まで家でゲームをしていました。これではいけません笑

 

今日は生活を立て直すべく、これからお見舞いに行って、その後明日の質問を考えて、その後は家の掃除をやろうと思います。

赤ちゃんが生活するには、汚すぎるなと思ったからです。

最近は、正直すごく焦っていました。

やることが多すぎて、漠然と不安になってしまいました。

子供のこと、就活のこと、自分の勉強のこと、インターンのこと、研究のこと

漠然としていても、優先順位をつけて、しっかりやっていけば大丈夫だと知りました。

紙に考えを書いただけで、不安が軽減されました。

まず今は、就活を一番に考えていくこと。自分の勉強は欲張らず進めていくこと。

妻の力もあるということを忘れないこと。

研究室は、教授が厳しい方ですが、炎上覚悟で明後日のゼミは臨もうと思います。

明後日を乗り切ると、だいぶ楽なんです。

研究も、きっちりスケジュール決めてやっていった方がいいこともわかりました。

ゼミが二週間に一回あるので、スケジュールを決めやすいと思います。教授の力も活用しながら、決めていこうと思います。

今まで、研究室にいる時も呆然と時間を過ごしがちでしたが、改善していこうと思います。

 

さて、今日もポツポツと思っていることを綴らせていただきました。

お見舞い、行ってきます。今日は妻の誕生日です。