VEDA

留年中東工大生、報告書をヴェーダに提出

参考書分析:生き抜くための高校数学

VEDAに報告書を提出。

ここまででの参考書分析、今回は「生き抜くための高校数学」。

俺がこの参考書に取り組んでいる理由は、簡単に高校数学の復習をしたかったからだ。現在、高専の数学3という教科書で数学3から大学の数学を勉強しているが、もっと基礎的な部分の学習もしておかなければならないと思い、購入した。(佐藤優さんのオススメということもある)

内容は読みものベースで、途中途中に例題が取り上げられている。ぱっと見て解法が思いつくものには取り組まないようにしている。1日1節のペースでちょうどいい感じだ。頑張れば1日1章ペースでもいけそう。

社会人だけでなく、中学生、高校生の予習にもオススメだ。数学を日常生活でどのように活かすか、ということまで触れられている。ただ、内容は浅く広く取り上げられているので、問題数の補完は必要だと思う。あとフォントが好みではない笑

一度さっと通読することをおすすめする。自分は、複素数平面など知らない部分があったのでためになった。

生き抜くための高校数学: 高校数学の全範囲の基礎が完璧にわかる本:Amazon.co.jp:本

生き抜くための高校数学